ガジェット・家電

ノートパソコン用の27インチディスプレイを購入【デュアルディスプレイ・HP】

今回は、ノートパソコンの画面と併用するためのHP製の27インチディスプレイ(HP 27f)を購入したので、実際に使ってみた感想と機能詳細などをレビューしていきたいと思います。

モニターを増設しようと思っているが、格安でコスパが良いものがないか探している方や、初めてモニターを導入する方に向けて参考になればと思います。

結論、今回購入したモニターは比較的安くてコスパが良いので、最初の1台を購入検討されている方にとっては是非おすすめのモニターです。

 

スペック

表示サイズ 27インチワイド(表示領域:597.8 mm×336.3 mm)
パネル種類 IPS
解像度 1920×1080(75Hz)
アスペクト比 16:9
パネルタイプ 非光沢
標準応答時間 14ms(Gray to Gray)※オーバードライブ時は5ms
カラーサポート 最大 1677 万色
VESAマウント 非対応
入出力端子 HDMI(HDCP対応)入力×2、アナログ RGB ミニ D-sub15 ピン 入力×1
製品寸法 約 611.8×204.4×449.2mm(スタンド含む)
製品重量 約 3.68kg(スタンド含む)
価格 通常:27,800円
Amazon:16,980円

 

同梱物

  • モニター
  • ACアダプター(一式)
  • モニター台座
  • HDMIケーブル1本

ディスプレイサイズ

今回購入したサイズは27インチのディスプレイで、27インチ画面のダイナミック感は残しつつそこまで場所をとるような感じがしないのが使ってみての第一印象です。

その理由としては、ベゼル(画面の枠)が7mm程度と薄いことから、映し出される映像が無駄なく画面に映し出され、迫力あるものになります。

ディスプレイの厚みについては、パネル上部で6~7mm、一番出っ張りのある画面下部でも3~40mmなので、非常にスッキリしています。

画質

画質については、パネルがIPSでカラーバリエーションが1677万色の解像度1920×1080(フルHD)ということもあり、1.5万円台でのクオリティということを考えると十分綺麗な画質だと感じます。

パネルタイプは非光沢で、画面を消していても鏡のように自分が映り込むこともないというところも、ユーザーに配慮した作りとなっています。

27インチの大きさと割と高水準の画質が合わさり、ゲームをプレイしたり動画を視聴する上でも4Kにこだわりがないのであれば、十分な品質のディスプレイと言えるでしょう。

インタフェース

インタフェースは、 HDMIが2口でアナログRGB1口です。

残念ながらVESAマウントには非対応なので、モニターアームの取り替えはできません。

デメリット

スピーカー非搭載

デメリットの1個目としては、スピーカーが内蔵されていないところです。

一つ上の機種で、スピーカー付きのモニターがあるので、画面から音を出したい場合は、下記の機種をオススメします。

 

■スピーカー搭載モデル

 

しかし、別途スピーカーを増設して音を出した方がディスプレイのスピーカーよりも良音質ですし、ノートPCに接続すれば大抵のモデルはスピーカーがついていますので、音は出せます。

ですので、スピーカー搭載モデルにこだわる必要はあまりないのかと思います。

画面の高さは調整不可

2点目はモニターの高さが調整でない点です。

1.5万円台のディスプレイであれば、どのメーカーも高さ調整機能はついていないです。

調整機能ありのものを探している場合は、2~3万円以上の他メーカーの機種を選択すると良いでしょう。

 

■高さ調整可能モデル(DELL製)

 

ですが、普段使いする分には、そこまで画面自体の調整をすることもないですし、元々のディスプレイの高さが丁度良いのであまり必要ではないのかと感じました。

また、椅子やデスクの高さを調整できるのであれば、目線を調整できるので、画面の高さ調整機能はそこまで重要視する部分ではないのかと思います。

モニターアーム非対応

3点目はモニターアームは非対応という点です。

この点が一番のネックになってくるのではないかと思います。

作業環境を良質なものに整える際に、モニターアームがあると画面下がスッキリしてデスクも片付くので、今後作業環境を増設したい方にとっては結構なデメリットになってくるのではないかと思います。

 

■VGSEマウント対応モデル

 

 

まとめ:それでも価値ある良コスパディスプレイ

今回購入このHP製の27インチディスプレイを購入して十分満足しています。

その理由としては、ディスプレイ用途として使う分には十分な画質・機能・大きさを備えていて、価格が1.5万円ということもあり良コスパな点が一番の大きな理由です。

更にノートパソコンの画面と合わせて、デュアルディスプレイ機能(画面の拡張)を使うことにより、ノートPCの画面でWEBブラウザを立ち上げながら、メインディスプレイの側で作業することができます。

このメリットとしては、立ち上げているWebブラウザが、作業を行っている画面に干渉することがないので、ストレスフリーで作業することができます。

 

■デュアルディスプレイの設定方法については、下記の記事で手順の解説しています。

Windows10でのデュアルディスプレイ設定方法【画面設定・デュアルディスプレイ】

今回は、新しくディスプレイを導入したのですが、デュアルディスプレイ(表示画面の拡張)の設定方法がわからなかったので、Howto記事として、実際に調べた設定方法や手順を紹介したいと思います。 自分と同じ ...

続きを見る

-ガジェット・家電

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5