ガジェット・家電

ドラム式洗濯乾燥機について

今回は自分が買って得した、ドラム式洗濯乾燥機について書いていこうかと思います。

 

これに関しては、様々な生活改善・ビジネス系YouTuber・Blogerの方々が、買ってよかったものランキングの上位に入れているのではないかと思います。

 

買ってよかったメリット

実際に自分も縦型の中古洗濯機を買っていましたが、ドラム式洗濯乾燥機に買い替えてよかった点を、以下に上げていきたいと思います。

 

洗濯物を干す時間が無くなる

一番は濡れた洗濯物を乾かす為に、下着やTシャツなどをハンガーに掛けて乾かすという行為が一切無くなるということです。普通の縦型洗濯機を使っていた時は、洗濯物を干す行為が一番面倒でした。それがドラム式洗濯乾燥機を導入した後は、本当にその時間が無くなりストレスフリーになりました。

 

衣類の埃や花粉が取れる

大抵のドラム式洗濯乾燥機は、熱風を使って衣類を乾かしています。なので衣類に付着している埃・花粉が熱風によって落とされて、フィルターがとってくれるようになりました。埃アレルギー・花粉症持ちの方は、かなり重宝するのではないかと思います。

 

いつでもボタン一つで洗濯から乾燥まで終わらせ、フカフカの衣類ができている

上記の点については、普通に仕事していれば実感するのではないかと思います。例えば、出勤前に洗濯物を洗濯機に入れてボタンさえ押せば、仕事から帰ってきたころには、洗濯乾燥機が洗濯から乾燥まで終わらせくれて、フカフカの衣類ができているということです。後は衣類を取り出して畳んでしまうだけ。

 

天気を気にせずに洗濯ができる

特に梅雨の時期は外に洗濯物を干せない日が続いて、部屋の中に洗濯物をかけるか、浴室乾燥を使うかになるかと思います。しかし部屋の中に干せば当然邪魔になるし、部屋干しの匂いが気になります。浴室乾燥が付いている物件でも、やはり干す事が面倒ですし、電気代的にもコスパは悪いです。以下は浴室乾燥とドラム式洗濯乾燥機の電気代比較です

 

浴室乾燥:30円以上

一時間あたり(契約している電力会社やプランによって異なります)

ドラム式洗濯物乾燥機:約30~40円(ヒートポンプ方式・ヒートリサイクル方式)、約50~60円(ヒーター方式)

一回の稼働あたり

 

上記の時間は、浴室乾燥が一時間あたりの電気代に対して、ドラム式洗濯物乾燥機は一回の稼働での電気代です。浴室乾燥に関しては、流石に1時間では乾ききらないです。自分でも浴室乾燥を使ってきましたが感覚では、2~3日分の洗濯物を干す時間は最低3~4時間はかかるのではないかと思います。ということは3時間干しただけでも浴室乾燥は90円以上かかりますし、時間あたりの値段を見るだけでも、ヒーター式のドラム式洗濯物乾燥機よりもコスパが悪いということになります。

 

ドラム式洗濯物乾燥機のデメリット

次に自分が使って感じてきたデメリットを上げていきたいと思います。

 

初期費用が大きい

ドラム式洗濯乾燥機は、縦型よりも値段が高く初期費用がかかります。中華メーカーが出している縦型だと中古で最安で買おうとすれば、1万円代で買うことができると思います。それに対して、安いヒーター方式のドラム式洗濯乾燥機でも10万円以上はします。最新の上位機種を買おうとすれば30万円程する機種もあります。

 

本体が大きく、設置制限がある

縦型式と比較すると、やはりドラム式の方が本体サイズが大きく、狭い洗濯機置場や防水パンの場合、設置制限がかかり、最悪置くことができないということです。なので、設置検討時には必ず洗濯機置場のサイズを事前に測る事が大事です。心配な場合は、家電量販店に行き聞いて値段を見積ってもらうと共に、無料で家に来てもらって置場を見てもらうこともできます。自分は洗濯機置場を自分で計りネットで購入しました。

 

フィルター、取り出し口の掃除

上記で上げたメリットで、衣類の埃や花粉が取れると述べましたが、取れた埃や花粉は乾燥フィルターに蓄積されます。その埃や花粉を毎回フィルターから取ることが必要です。また、取り出し口にも埃が付いているのでティッシュなどで掃除することが大事です。しかし、毎回物干し竿に洗濯物を干す手間を考えれば、大した時間ではないのではないでしょうか。

 

まとめ

以上、ドラム式洗濯乾燥機のメリット・デメリットを上げてきましたが、デメリット以上にメリットの方が上回ると実際使ってみて感じました。最後に、今自分が使っている機種の情報を載せておきます。ご参考になれば幸いです。

■今使っている機種

メーカー:日立

洗濯:11kg、乾燥:6kg

型番:BD-SX110CR N

取り出し口:右開き

外形寸法:幅630mm×奥行715mm×高さ1,065mm

↓ワンルームマンションですがギリギリ設置できました。

-ガジェット・家電

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5