筋トレ

使用しているトレーニングサプリメント【筋トレ・サプリメント】

今回は、現在自分が使用している、トレーニング向けのサプリメントについて書いていこうと思います。

この記事では、これから筋トレを習慣化していきたい、もしくはトレーニングを始めたは良いが、実際にトレーニーがどういったサプリメントを使用しているのか、わからない方向けに参考になるかと思います。

ここで紹介するものは、飲めば直ぐに結果出るようなものだったり、身体に危険が及ぶものは紹介しません。トレーニングを行う上での栄養補助食品という観点で、サプリメントを紹介していきます。

自分が使用しているサプリメント一覧

以下の4点は自分がメインとして使用しているサプリメントになります。

摂取するタイミングとしては、トレーニング後に取ることが多いと思います。

プロテイン

1点目に自分が摂取しているサプリメントは、プロテインで紹介するサプリメントの中でも一番多く摂取しています。

種類としては、ホエイプロテインアイソレート(WPI)で、一般的なWPC(ホエイプロテインコンセートレート)と呼ばれているホエイプロテインよりもタンパク質の生成度が高く、糖質が少なくてタンパク質含有量も多いです。

また、生成度が高い分プロテインの粉末がきめ細かいので、WPCのプロテインよりも水の溶け具合は良いので、プロテインシェイカーでシェイクした時でもしっかりと混ざり飲みやすいです。

愛飲しているメーカーとフレーバーは、マイプロテインのナチュラルチョコレート、ナチュラルストロベリーをよく飲んでいます。下記のボタンからマイプロテインのHPに飛べます。また、購入時に下記のコードを入力すると、1,000円割引きされます。

詳しくはコチラ

■割引コード

7QYN-R2

グルタミン

2点目は、グルタミンです。グルタミンはウイルスやアレルギーに対抗する自己免疫力を高める効果があります。

トレーニングをする上でも、トレーニング後は筋線維が破壊されてひろうが溜まり免疫が落ちた状態なので、トレーニング後に摂取するとよりグルタミン本来の効果が発揮されます。

自分は錠剤タイプのグルタミンを摂取しており、一日3錠を目安にトレーニング後に飲むようにしています。グルタミンは基本的にノンフレーバなので、水に溶かして飲むと無味の粉っぽい液体なので、飲みにくいことから錠剤タイプを使用しています。

マルトデキストリン

3点目は、マルトデキストリンです。粉飴とも言われていて糖質が主成分です。

糖質を摂取すると体内でインスリンが分泌されて、タンパク質の吸引を補助する効果が期待されています。食べ物から摂取する糖質と違い、身体に素早く吸収されるので筋肉に素早く栄養を行き渡らせる事ができます。

自分の使用用途としては、トレーニング後にプロテインと一緒に水と混ぜて飲んでいます。糖質と聞くと味が甘いイメージがあると思いますが、マルトデキストリンは基本的にノンフレーバで、無味無臭のパウダーです。ですので、そのままだとの飲みにくいので、何かフレーバのついた飲料と混ぜて摂取することをオススメします。

クレアチン

3点目は、クレアチンです。種類としては、モノハイドレートを取っています。

効果としては、筋肉に水分を引き込んでパンプアップや、筋肥大効果があると言われています。

クレアチンはモノハイドレートとナイトレートという2種類が一般的で、モノハイドレートは安価ではあるが水に溶けにくい性質で、ナイトレートは水溶性なので、水に溶けやすく身体に吸収されやすい点があります。

モノハイドレートを選んでいる理由としては、安さで選んでいることが一番の理由です。また、クレアチンに関しては一度に摂取する量が5g程度なので、身体への吸収の速さについては特にこだわらなくても良いのかなと思っています。

トレーニング前・トレーニング中に摂取するサプリメント

以下の2点はトレーニング前、またはトレーニング中に取っているサプリメントです

上記で紹介したサプリメントより、更にトレーニングに特化したサプリメントなのではないかと思います。

実際に下記のサプリメントについては、トレーニングオフの日はあまり摂取していないです。

プレワークアウト

プレワークアウトは、トレーニング中のパフォーマンスをあげたり、筋肉のパンプアップを促進する効果があるものがあったり、目的によって様々な種類があります。

自分はトレーニングにより集中して、各種目のパフォーマンスをあげたいと考えているので、カフェイン系のプレワークアウトを使用しています。

また、筋肉のパンプアップを目的としてプレワークアウトを使用するのであれば、シトルリンやクレアチンナイトレートの含有が多いものを選ぶと良いのかと思います。

EAA

EAAはBCAAと呼ばれている3つの必須アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)プラス、トレーニングの効果を上げる数種類の非必須アミノ酸が入っているものです。

使用用途としては筋トレ中の栄養補給、筋タンパクの合成補給、筋トレ後の疲労軽減を狙って摂取しています。

摂取の仕方は、水やスポーツドリンクと混ぜて、イントラドリンク(トレーニング中に飲むサプリメント)として飲んでいます。

まとめ

プロテインに関しては、大容量のものを買って水替わりにこまめに飲むと、効率的にタンパク質を摂取することができます。

また、プロテインを摂取すると、ある程度は空腹が満たされます。ですので、ダイエット中に余計なものを食べたくない方は、一度にプロテインに付属しているスプーン2杯取ると空腹が紛れます。

その他の紹介したサプリメントについては、下記の方法で摂取して頂くと良いのかと思います。

マルトデキストリン・グルタミン・クレアチンはトレーニング後、EAAやアミノ酸系のサプリメントについてはトレーニング中、プレワークアウトはトレーニング前に集中したい、より筋力をパンプアップさせたい方向け、という形で切り分けていただければと思います。

現在使っているサプリメントは主にこちらで購入しています。

■iherb

iherbのWebサイト:詳しくはコチラ

■マイプロテイン

マイプロテインのWebサイト:詳しくはコチラ

トレーニングを日頃のルーティンに取り込んで日常生活を進めていくと、サプリメントについても色々と興味が沸いたり、より筋肉・身体にとっての栄養素はどういったものが良いのかを考える機会が増えるので、まずは、筋トレを初めて見ることから検討してみてはいかがでしょうか。

 

-筋トレ

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5