生活と仕事

IT業界とSIerについて

こんにちは。

この記事では、今自分が働いているIT業界とSIerについて書いていこうかと思います。

 

まずは、自分の事について書いていこうかと思います。

自己紹介

自分は現在会社員でIT系の企業に勤務しています。

 

IT系企業と言っても上場企業とかではなく、
結構末端な部類に入っていくのではないかと思います。
(IT系でもSIerと呼ばれる職種です。)

現在は都内に住んでいて、勤務先も同じく都内の顧客常駐先で業務を行っています。

(SES契約ってやつです。)

 

SESSIer系のIT企業は、基本的に建設業界と業態は似ていて、
ITゼネコンとも言われております。

 

IT業界(SIer)について

具体的には、顧客から開発したいアプリやソフトウェアについての案件が元請け企業に上がってきて、そこから、元請け企業だけでは足りない作業員を補う為に、プログラマーやプロジェクト管理者を他の企業に外注して、プロジェクト(案件)を進めていくことから、そのように言われたりします。

 

建設ゼネコンで言うと、元請けのゼネコンが工程管理をして、実際に手を動かして作業する職人や、工務店の方々は外注して作業員を補う形が、業界構造が似ていると言われる所以なのではないかと思います。

(自分は建設・土木業界でも働いていたので、実際に働いてみて本当にそう感じます。)

 

何故元請け企業だけでは人員が足りないのか、自分が思った範囲で以下に書いていこうかと思います。

 

何故元請け企業だけでは人員が足りないのか

元請け担当の社員が複数案件を請け負っていて、その分足りない人員を外注する形になっているのではないかと思います。中には営業担当の方がそのままプロジェクトマネージャー(案件の工程管理をしたりすること)をやっていたりということが結構あるのかと思います。大手SIerとかになると、工数が莫大な案件を担当したりすることになるので、尚更だと思います。

 

SIerの良い点

ここまで聞くと、SIerはブラックな構造になり易く良い点などないのでは?と思うと思います。

しかし、良い点も自分が働いてきた経験上少なからずあると思っていて、それは、様々な業界のシステムに携われるのではないかという点です。

この業界にいると割と多数の案件を経験する事が多く、アプリケーション・システムに関しても、様々なものを触る機会が自然に増えてくるということです。

しかしながら、言ってしまえば多数の案件を経験する事が多いということは、アプリケーション・システムが構築されているプログラムや基盤・サーバー構造について、知識が蓄積されないまま案件移動されるということもあるので、その点は一長一短ですね。。

 

結論

ぶっちゃけ言ってしまうとSIerよりは、よりクリエイティブなWeb業界に入るのが無難なのではないかと思います。ITビジネス系のYouTuber・Blogerの方々も、正直SIerはオススメしていないです。

しかし、未経験で技術的な要素を求められるWeb業界を目指そうとすると、
前もって、独学やスクールに通って勉強をして、予備知識的なものは最低限持っていなければ難しいと思います。

 

そこで、ステップアップとしてSIerを目指すのはアリなのかなと思います。
※大手SIerだと給与が比較的高く、福利厚生が充実している企業が多いです。

-生活と仕事

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5