筋トレ

24時間ジムはエニタイムがオススメの理由【エニタイムフィットネス・24hジム】

今回は、joyfit24からエニタイムフィットネスに契約しているトレーニングジムを乗り換えたので、24時間ジムの特徴と、なぜ24時間ジムならエニタイムフィットネスをオススメするのかについて解説していこうと思います。

エニタイムフィットネスにジムを乗り換えて約1ヶ月ほど経ちましたが、通ってみてjoyfit24と比較して実際どのような違いがあったか、体験談ベースで述べていきます。

これから自宅近くのエニタイムフィットネスを利用しようとしている方、24時間ジムを契約しようとしている方、またトレーニング初心者で1からトレーニングジムを契約しようとしている方にとって参考になるかと思います。

今回の記事は、以下のような方に参考になるかと思います。

こんな方におすすめ

  • エニタイムフィットネスを利用しようとしている方
  • 24時間ジムを契約しようとしている方
  • トレーニング初心者でジムを契約しようとしている方

24時間ジムの特徴

まず大きく24時間ジムはどういったジムなのか、一般的なフィットネスクラブとの違いや特徴を述べていきます。

いつでも利用可能

最大な特徴・利点としては、基本的には休館日がなく休日や早朝・夜間といった時間帯であっても利用できるという点です。

一般的なフィットネスクラブであれば、予め営業時間や休館日が決められていて、その時間・営業日内でしか利用することができません。しかも、利用する曜日や時間帯・利用回数や料金プラスなどによって価格が変わってきます。勿論、営業日や時間帯に関係なく無制限に利用する場合は、その分価格が上がります。

価格だけ見れば、無制限利用のプランでフィットネスクラブを契約する場合、1ヶ月の料金で1~1.5万円の価格帯ですが、24時間ジムであれば1ヶ月1万円以下で利用ができるので、時間・曜日を気にせずジムを利用したい場合は、断然24時間ジムをオススメします。

相互利用可能

また24時間ジムは、契約した以外の店舗でも相互利用することができる点です。

例えば出張先や旅行先でも、エニタイムフィットネスの店舗があれば利用できますし、店舗ごとでも設置している器具やトレーニングエリアの内容も違うので、お気に入りの店舗を見つけて普段使っている器具とは違う器具を使くことができたり、モチベーションという面でも様々な店舗でトレーニングを行うことにより新たな発見や気分転換ができます。

但し、所属店舗(契約した店舗)よりも他店舗の方の利用率が過半数を超えてしまうと、自動的に所属店舗が変わり毎月の料金が変わってしまうことがあるため注意が必要です。

※店舗ごとに毎月の利用金額が違うため、所属店舗が変わると毎月の支払い料金が変わります。

24時間ジムならなぜエニタイムが良いのか

では、なぜ24時間ジムならエニタイムフィットネスをオススメするのか、理由とメリットを上げていこうと思います。

店舗数の比較

エニタイムフィットネスは国内でも店舗数が多く、24時間ジムの中で比較すると以下となります。

24時間ジム店舗数比較

エニタイムフィットネス:862店舗

JoyFit24:309店舗

FASTGYM24:112店舗

※2021年1月時点での店舗数。

上記の店舗数の比較を見ると、他の24時間営業のジムよりも店舗数が多く、出張先や旅行先でも利用しやすく店舗間の相互利用というメリットを最も受けやすいのがエニタイムフィットネスです。

値段比較

利用料金については店舗ごとで設定されているので一概に比較することはできませんが、各店舗の価格帯を比較すると下記のようになります。

エニタイムフィットネス

セキュリティ発行手数料:5,000円

月額料金:約7,000円~

JoyFit24

入会金+登録事務手数料:5,000円(2,000円+3,000円)

月額料金:約8,000円~

FASTGYM24

セキュリティカード発行料+登録料:5,000円(2,000円+3,000円)

月額料金:約7000円~(相互利用に制限あり)

各店舗共に初期費用は同じですが、月額料金で比較するとエニタイムフィットネスが一番良コスパであることが分かりました。

JoyFitは少し高めの設定で、月額料金8,000円程で設定している店舗が多く、FASTGYM24についてはエニタイム程の月額料金ですが相互利用に制限が付いていたり、全店舗の相互利用を可能にするには更にオプション課金をする必要があるようです。

トレーニング器具が充実

エニタイムフィットネスの店舗はトレーニング器具が充実している店舗が多く、大抵の店舗でパワーラックが複数台設置されていたり、様々な部位を鍛えるために多くの種類のマシンが置かれていたりします。

特に郊外の店舗では、フリーウエイトエリアにパワーラック2台にスミスマシンとケーブルマシンが1台、ダンベルが1~50kgまで揃っている店舗が標準的で、マシン特化型の店舗であれば各部位複数の種目(2~3種目)ができるマシンが設置されています。

その為、トレーニングを始めたばかりのビギナーだけではなく、トレーニング中級者やコンテストに出るような上級者まで利用しています。

靴を履き替える必要がない

エニタイムフィットネスの特徴としては、運動ができる靴(スニーカーやトレーニング)であれば上履きに履き替えることなくそのまま利用することができます。

大抵のスポーツクラブでは土足禁止なので上履きを持参する必要がありますが、エニタイムでトレーニングする場合上履きを持って行く必要がないので持ち歩く荷物が減りますし、遠征先でトレーニングをしたい場合であっても、気軽にできるところが上履きが必要ないジムの魅力です。

デメリット

24時間ジムのデメリットとしては、下記になります。

しかし、逆にこの条件が許容できるのであれば24時間ジムは安価でトレーニング環境も揃っているので、トレーニーにとってコスパが良いのではないかと思います。

トレーニングのやり方は独学

24時間ジムの場合は一般的なフィットネスクラブやパーソナルジムと違い、トレーニングのやり方は基本的に独学で覚えていくことになります。

入会当初や初めての方には、一度マシンの使い方やトレーニングのやり方についてスタッフがある程度のことはレクチャーしてくれますが、休日や夜間などのスタッフがいない曜日・時間帯で利用する場合には、自分自身で考えてトレーニングを行っていく必要があります。

ですので、初心者やトレーニング方法に不安がある方は、一度YouTube動画などで正しいトレーニング方法やフォームを確認してから、実際にジムに行ってトレーニングすることをオススメします。

スタッフ常駐時間が決まっている

上記で述べたトレーニングのやり方についての部分でも述べましたが、24時間ジムと言ってもスタッフの常駐時間は決まっているので、夜間や深夜・休日など、スタッフ不在の時間帯があります。

もしトラブルが発生した場合はスタッフが不在なので、緊急ボタンでセコム等の警備会社か本部のコールセンター等に問い合わせすることになります。また、入会の手続きやジム施設内の見学は、スタッフ常駐時間内でのみ受け付けています。

簡易的なシャワールーム

デメリットの3つ目としては、スポーツクラブと違い24時間ジムはサウナや大浴場などのスパ施設がないので、お湯に浸かったりサウナで汗を流して疲れをとるといったことはできません。

但し、簡易的なシャワー室は完備されていますので、身体を洗ったり軽く汗を流す位の設備は整っています。

その場合には、洗面道具等はレンタルしていない(バスタオルの月額契約オプションはジムによってあり)ので持参する必要があります。

1から入会するならパーソナルジム

上記で24時間ジムのメリット・デメリットを述べてきましたが、結果的にトレーニング初心者にはパーソナルジムをオススメします。

詳しくは下記の記事で詳細を述べていますが、大きな理由・ポイントとしては下記になります。

パーソナルジムに入会するべき理由

・トレーナーとのマンツーマン指導

・食事管理もしてくれる

・理想の身体になるまでのサポートが充実

・目標まで最短で理想の身体になれる

・モチベーションを保ちやすい

パーソナルジムがトレーニング初心者にオススメな理由【筋トレ・パーソナルジム】

今回は、なぜトレーニング初心者はパーソナルジムがオススメなのかについて、パーソナルジムの特徴とかかる費用を比較しながら紹介していこうと思います。 これからトレーニングを始めようと思っているが、何から手 ...

続きを見る

また、料金や施設・トレーニング内容が気になる方は下記のサイト「GYME」からパーソナルジムの比較や口コミを見ることができるので、そこで自分が気に入ったパーソナルジムを見つけて入会することができます。

パーソナルジムの比較サイトGYMEはコチラから

まとめ

24時間ジムは文字通り24時間365日いつでも施設が利用できて、マシンやウエイトトレーニングができるのが大きなメリットで、トレーニング中・上級者だけではなく初心者にも使い勝手が良いトレーニング施設です。

ですが、初心者の方が24時間ジムでトレーニングを行うにあたって、いくつか注意しなければならない点やトレーニングについての知識が無い分、最短で効率的に鍛えることは難しいのではないかと思います。

自分は24時間ジムに通って約2年ほどになりますが、最近ようやくトレーニングの知識や食事管理についての知識が少しながらも身に付いてきました。

また、トレーニングについての不明点も自分で解決していく必要があるので、初期投資費用は高くなりますが、本気で自分の身体を変えたいのであればパーソナルジムを強くオススメします。

パーソナルジムであれば、トレーニングの知識だけではなく、栄養管理や食事についての知識が豊富なトレーナーがマンツーマンで指導してくれるので、分からないことはトレーニングをやりながら解決することができて、モチベーション的にも保ちやすく継続しやすいです。

ですので、初心者の方ができるだけ早く結果を出すのであればパーソナルジム一択だと思います。

-筋トレ

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5