お金

【楽天カード】ポイントが付きやすいキャッシュレス向け良コスパクレカ

今回は楽天のクレジットカードを新しく契約して、自分のキャッシュレス生活が捗っているので、楽天カードのメリットと楽天ポイントについて記事にしていこうと思います。

キャッシュレス化についての記事は下記。

楽天カードの存在は知っているがイマイチメリットがわからない方、楽天ポイントについて使い方がわからない方、新しくクレジットカードを契約しようとしている方にとっては参考になる記事なのではないかと思います。

楽天カードの申し込みはコチラ

今回の記事は、以下のような方に参考になるかと思います。

こんな方におすすめ

  • 楽天カードについて知りたい方
  • 楽天ポイントの使い方について知りたい方
  • クレジットカードを契約しようとしている方
  • キャッシュレス化の恩恵を受けたい方

楽天カードの種類(大きく3つ)

楽天カードの種類については、下記の3つに大きく分かれます。自分が契約したカードは無印ですが、無印以外の3種類についても解説していきます。

無印(ノーマル)

まず1つ目にノーマルの楽天カードは、年会費無料のクレジットカードで主なサービス詳細は以下のようになっています。

年会費 無料
付帯機能 楽天ポイントカード
楽天Edy
SPUポイント倍率 2倍
ポイント還元率 1%(100円につき1P)
利用上限 100万円

基本的な付帯機能が楽天ポイントと電子マネーである楽天Edyが備わっており、年会費は無料であるにも関わらず、電子マネーとクレジットカード機能が合わさって更に、楽天ポイントも1P1円~利用できるので、かなりコスパが良くてクレジットカードの中でも機能性の高いものとなっています。

また、楽天ポイントについては楽天カードを契約すると「SPUポイント倍率」として2倍分加算されます。楽天経済圏を頻繫に利用する方にとっては、カード決済を楽天カードで行うことにより効率的にポイント還元を受けることができます。

ゴールドカード

2点目に楽天ゴールドカードのサービス詳細は以下のようになっています。年会費は2200円かかりますが、ノーマルの楽天カードより多くのサービスを受けることができます。

年会費 2,200円
付帯機能 楽天ポイントカード
楽天edy
SPUポイント倍率 2倍
ポイント還元率 1%(100円につき1P)
利用上限 200万円
サービス 国内・海外の空港ラウンジが利用可能

ノーマルとの大きな違いとしては、受けられるサービスとして、特定の国内もしくは海外の空港ラウンジが利用できます。

空港ラウンジは、一般的に保安検査場から持ち物検査をした後に入場する待合スペースとは違い、ソフトドリンクが飲めたり携帯の充電ができる休憩・待合スペースです。空港ラウンジには特定の会員しか入ることができないので、旅客機の搭乗まで混雑することなく広々としたスペースでゆっくりと過ごすことができます。

上記のようなサービスは、国内・海外旅行でよく空港を利用する方にとっては、メリットが大きいサービスなのではないかと思います。

※空港ラウンジについて(引用元:じゃらんニュース)

プレミアムカード

3点目に楽天プレミアムカードのサービス詳細は以下のようになっています。年会費は11,000円と他の種類のカードよりも年会費は高いですが、3種類のカードの中で一番SPUの倍率を上げやすく、更に楽天市場や楽天トラベル・楽天TVや楽天ブックなどでの優待も受けることができ、特に空港のサービスが充実内容になっています。

年会費 11,000円
付帯機能 楽天ポイントカード
楽天edy
SPUポイント倍率 4倍
ポイント還元率 1%(100円につき1P)
利用上限 200万円
サービス 国内・海外の空港ラウンジが利用可能
※プライオリティパス専用のラウンジ利用可
優待 【楽天市場コース】
・毎週火・木曜日に楽天市場で最大+1倍
【トラベルコース】
・楽天トラベルオンライン決済利用で最大+1倍
・手荷物宅配サービス
【エンタメコース】
・楽天TV利用で最大+1倍
・楽天ブックス利用で最大+1倍

ノーマルとゴールドと違う部分としては、プレミアムカード専用の優待があり、それぞれ楽天市場コース・トラベルコース・エンタメコースに分かれており、どれか一つ選択することによって楽天のサービスを利用しつつ、SPUの倍率を上げることができます。

楽天市場コースは毎週火・木曜日のSPUが+1倍になるにので、楽天市場をメインにネット通販を利用している方はより多くポイント還元の恩恵を受けられます。

トラベルコースについては楽天トラベルをオンライン決済で利用することによってSPUの倍率が+1加算されます。旅行をする際に航空券やホテルの予約などを楽天トラベルメインで行うことにより効率的に楽天ポイントが貯まりやすくなります。

更に空港ラウンジのサービスがゴールドよりもグレードアップされて、飲食ができるプライオリティパス専用の空港ラウンジ(148ヵ国・1300箇所)のサービスを受けることができますし、空港から手荷物を自宅に無料ので届けてくれる「手荷物宅配サービス」が受けられるので、海外旅行を頻繫に要する方にとってはかなりメリットが大きいです。

エンタメコースは楽天TV・楽天ブックス利用でSPUの倍率が+1される優待です。楽天TVについては、ネットフリックスやHulu・AmazonプライムビデオがVOD主流で、人気作品もそれらのVODサービスに多いこともあって、SPUの倍率を上げるためだけに楽天TVを利用するのはサービス的にあまりオススメできません。

同様に楽天ブックスについても、Amazonプライム会員やKindle Unlimitedを利用することにより楽天の電子書籍サービスより多くの種類を扱っているので、そちらを利用する方が自分が探している書籍があるのではと思います。

Amazonプライム会員の記事はこちらから

Amazonプライムが良コスパな件とネットショップの使い方

今回は、Amazonプライムについて、コスパが良いサブスクリプションコンテンツであるということと、日常的にAmazonで買い物をしてみて、良い使い方を書いていこうと思います。 もし、Amazonプライ ...

続きを見る

今回は年会費無料の無印を契約

今回契約したクレジットカードの種類は年会費が無料のノーマルの楽天カードを契約しました。

他の2種類の年会費有料のカードよりも受けられる優待やサービスは少ないですが、最低限のSPUの倍率アップの恩恵や上限額についても現在のところは100万円で事足りているので、一般的にクレジットカードを使う場合であれば十分なのではないかと思います。

元々自分は、ネットショップの利用はAmazonメインで利用しているので、楽天市場や楽天経済圏をあまり利用していない方にとっては、有料のカードを契約する必要はあまりないのではと思います。ですが、楽天市場を中心にネットショップを利用していたり、これらネットショップを楽天中心に利用するのであれば、ゴールドやプレミアムカードを契約してSPUの倍率アップを狙うのもアリだと思います。

楽天カードの申し込みはコチラ

楽天ポイントが貯めやすい

楽天カードは楽天ポイントカードも付帯機能で付いているので、楽天ポイントが還元されやすいです。カード契約時に新規入会特典とカード利用特典でのポイント付与が大きいので、契約時のポイント付与+SPUのポイント倍率アップで楽天ポイントが貯めやすいと言う点が大きいメリットの一つです。

SPUについて

SPUポイントとは、楽天市場やその他の楽天経済圏で付与される楽天ポイントの倍率のことを指します。

例えば、本来1つの商品を購入すると楽天ポイントが100ポイントが付与されるところ、SPUポイント倍率が2倍であれば、100(元々の付与ポイント)×2(SPUポイント倍率)=200ポイント還元されます。

このポイント倍率については楽天のサービスを利用するごとに加算されていきます。

楽天サービス例

・楽天市場アプリ:+0.5倍

・楽天モバイル:+1倍

・楽天ひかり:+1倍

・楽天でんき:+1倍

※SPUポイントについてはこちらから

ゴールドとプレミアムのSPU倍率

ゴールドとプレミアムのSPUの倍率については基本的に同じで、楽天カード(2倍)+ゴールド・プレミアムカード利用(2倍)の計+4倍が付与される内容となっていました。(2021年3月31日迄)

ですが、2021年4月1日からはゴールドカードの倍率が+1倍となり、プレミアムで計+4倍/ゴールドで計+3倍となり、ゴールドカードで受けられるSPUの倍率付与がプレミアムよりも-1減ることとなりました。

ですので、よりも楽天市場・楽天経済圏を利用する・しないで影響が大きくなり、より頻繫に多く楽天を利用するのであればプレミアム、あまり利用しないのであればノーマルの楽天カードを利用するのがオススメです。

ゴールドカードのSPUの倍率アップが変更されたことにより、個人的にはノーマルの楽天カードとプレミアムカードで大きく分岐されるかと思います。

楽天Edy付き

個人的に一番のメリットと感じた点が、電子マネーの楽天Edyが付帯機能として付いている部分です。

自分はほとんど小銭やお札を使わない、キャッシュレスでコンビニやスーパーで買い物をするので、電子マネー機能が付いてクレジットカードはかなりメリットが大きいです。しかも楽天Edyはコンビニやスーパーの他に、マクドナルドやKFC等のファーストフード店での取り扱いが多く更には自販機でも対応している機種が多いです。また、オートチャージ設定もアプリから簡単に設定できるので、機能的にも使いやすいです。

キャッシュレスにするならかなり便利

上記で上げたメリットや機能的にも、楽天カード一枚持っておけば、外出先での買い物に困ることはなく、最悪Edyが使えなくても勿論クレジットカードとして決済すれば、どの店舗でも完全にキャッシュレスで買い物をすることができます。

個人的には、よく行くスーパーやドラックストアのポイントカードを携帯しつつ楽天カードを持っていたいので、Secrid(シークリッド )というミニウォレットで、基本的にカードのみを持つようにしています。

ミニウォレットについての記事は下記

ミニウォレットが便利な理由【キャッシュレス】

今回はキャッシュレスの一環として、今まで使用していた長財布からミニウォレット(カードケース)に買い替えたので、そのメリット・デメリット、使用感などを書いていこうと思います。 結論としては、持ち物が軽く ...

続きを見る

現金については最低限の紙幣はミニウォレットに入れて携帯し、小銭は別途小銭入れに入れるようにして、現金のみしか対応していないお店(キャッシュレス非対応店舗)でのみ使うようにしています。

楽天カードの申し込みはコチラ

-お金

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5