ガジェット・家電

Bluetooth接続対応無線デバイスの使いやすさ【PCゲーム・Bluetooth】

今回はマウスとゲーミングパッドについてBluetooth対応のモノを購入したので、無線デバイスの中でもBluetooth対応のデバイスの方が便利な点を書いていこうと思います。

今回、PCでゲームをプレイする用のBluetooth対応ゲーミングパッドと、感度が落ちたレシーバー付きのマウスを交換するのにBluetooth対応マウス購入したのですが、それぞれ実際に使ってみて便利さを感じたので解説していこうと思います。

自分自身そこまでハードにゲームをプレイするわけではないのですが、マウスキーボードでプレイするよりも特にFPSはゲーミングパッドでプレイした方が操作性は良いのかと感じました。その理由についても後述していきます。

今回の記事は、以下のような方に参考になるかと思います。

こんな方におすすめ

  • PCでゲームをプレイする用にゲーミングパッド購入を検討している
  • 有線デバイス(マウス・キーボード等)を使っていて不便さを感じている
  • 無線デバイス(マウス・キーボード等)の良さがわからない

無線デバイス・有線デバイスの違い

下記に無線デバイス(キーボードやマウス)の特徴を述べていきます。無線デバイスの中でもレシーバー付きとBluetooth対応のモノで若干の違いがあるので、その点も述べていきます。

有線デバイス

有線デバイスはその名の通りコード付きのキーボードやマウスを指していて、大抵の機器はUSBtype-Aで端末とデバイスをつないでいます。

メリットとしては無線デバイスに比べて、安価に購入できて法人向けに使っている機器としても有線が多く、一般的なデバイスと言えます。デメリットとしては、ケーブルを直接PC等に接続させるので邪魔になり、ケーブル自体が断線する可能性もあるので経年劣化しやすく、また、デバイス専用ポートとして一つポートを占有する必要があります。

無線デバイス(レシーバー付き)

レシーバー付きの無線デバイスは、下記の画像のような機器をパソコンのUSBtype-Aポートに接続して、デバイス本体の電源を入れ使用します。(動力原は電池or内蔵バッテリー)

メリットとしては無線機器の中でも割と安価で買いやすく機器のバリエーションも多いです。デメリットとしては有線デバイスのデメリットでもありますが、レシーバーをポートに接続する必要があるので、USBtype-Aポートをデバイス専用のポートとして一つ潰す必要があります。

無線デバイス(Bluetooth対応)

Bluetooth対応の無線デバイスの特徴としては、レシーバーを必要とせずBluetooth対応のパソコンなどの端末とペアリングすれば使用することができます。動力はレシーバー付きのデバイスと同じく内蔵バッテリーか電池で、適度の充電もしくは電池交換が必要となります。

上記2つの機器よりも若干値段は高めとなりますがデバイス接続用にポートを占有することなく、別途多接続のハブを用意する必要もないので、容易に無線デバイスを使用することができます。

今回購入したマウス・ゲーミングパッド

Bluetoothマウス

Bluetoothゲーミングパッド

両方の機器共にBluetooth対応で、特にゲーミングパッドはFPS初心者にオススメです。プレイステーションやXboxのコントローラーと感触は変わりないですし、カスタムで操作をボタンに割り振ることができるので、自分としては、マウスとキーボードよりもゲーミングパッドでプレイすることをオススメします。

無線デバイスのメリット

特徴でも述べましたが、下記に無線デバイスのメリットを上げていきます。

コードが邪魔にならない

1点目は、コードがないので配線を気にする必要がない点です。

有線デバイス場合は必ず端末と接続する必要があるので、当然コードが抜ければ接続が解除されます。その点、無線デバイスであればコードが邪魔にならず、また気になることもないので配線が煩雑にならずにデスク周りがスッキリします。

USB type-Aポートを潰さなくてよい(Bluetooth対応)

2点目は、Bluetooth対応デバイスであればUSBポートを潰さなくて済む点です。

無線デバイスの中でもレシーバー付きとBluetooth対応に分かれますが、個人的にはUSBポートを占有することがないBluetooth対応デバイスをオススメします。理由としては物理レシーバーだと通信が機器自体に影響されるので、物理的に経年劣化すれば反応も悪くなります。

Bluetoothであれば通信がソフトウェアに依存され、端末自体のソフトウェアアップデートでレスポンスが改善される可能性があるので、バージョンが上がるに連れてデバイス自体の通信も改善されます。

ケーブルの断線の心配がない

3点目は物理的故障の心配がない点です。

有線デバイスを使っていると、配線が煩雑化してケーブルが引っかかり断線する可能性がありますが、無線デバイスであればそういった心配がありません。デスク周りも整理しやすくなるので有線のマウスやキーボードを使っている方は、無線の機器に買い替えることをオススメします。

無線デバイスのデメリット

実際に無線デバイス(キーボード・マウス・ゲーミングパッド)を使っていますが、大きなデメリットは特段感じませんでした。ですが、強いて言えば上げたデメリットが以下となります。

稼働はバッテリー・電池の残量に依存

1点目は、稼働はバッテリー電池の残量に依存する点です。

無線デバイスの場合、動力源が内臓バッテリーもしくは電池となるので、稼働はそれらのバッテリー残量に依存します。今回購入したマウス・ゲーミングパッドに関しては、マウスが単4電池2本、ゲーミングパッドはUSBtype-Cケーブルでの充電となります。

ケーブル充電の場合ワイヤレス充電とはいきませんが、大抵のBluetooth対応無線デバイスでtype-C端子に対応しているので、Androidスマホやニンテンドースイッチなどの充電端子との互換性がある端末のケーブルが使用できます。

Bluetooth対応>レシーバー無線>有線の順で値段が高い

2点目はBluetooth対応、レシーバー付き無線、有線の順で値段が高い点です。

今回購入したBluetooth対応デバイスと有線デバイスの比較は以下になります。

ゲーミングパッド値段比較

GameSir T4w(有線):2,209円

GameSir T4 Pro(Bluetooth無線):3,399円

※Amazon価格

※比較対象

 

マウス値段比較

ELECOM M-XGM10UBBK(有線):852円

ELECOM M-XGL10BBBK(Bluetooth無線):2,090円

※Amazon価格

※比較対象

 

差額は各機器共に1,000円ほどありますが、それ程の差額であれば無線のメリットの恩恵を差額以上分受けることができるので、無線機器の方を購入することをオススメします。

重量は有線デバイスより重い

3点目は機器が有線デバイスよりも重い点です。

無線デバイスに関しては、機器の中にバッテリーを積んでいるのでその分機器自体の重量は重くなります。

参考に、今回購入した同じGameSirゲーミングパッドの有線版との重量比較は以下になります。

GameSir T4w(有線):150 g

GameSir T4 Pro(Bluetooth無線):410g

まとめ

今回購入したBluetooth対応デバイスを実際に使ってみて、使いやすさを感じてそれぞれメリットとデメリットを上げてきました。

その上で、有線デバイスとの価格差以上にメリットが大きいと感じ、購入して満足していますし、有線デバイスを使っている方は無線デバイスに乗り換えることをオススメします。

特にゲーミングパッドに関しては、パソコンでゲームをプレイする楽しさを味わえましたし、操作性はキーボードマウスよりも断然上です。なので、もしこれからパソコンでゲームをプレイしてみたい方など、初心者に無線ゲーミングパッドをオススメします。

-ガジェット・家電

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5