ガジェット・家電

メインスマホが無線充電に変わってよかったこと【Qi充電・ワイヤレス充電】

今回は、メインで使用するスマホがiPhone12に変わって、充電方式が無線充電(Qi充電)に対応したことによって体感できた便利な点と、今回購入した無線充電器・オススメの無線充電器を紹介していこうと思います。

今までは、無線充電非対応のAndroidスマホを使っていて、ケーブルを使って充電していました。ですが、Phone12用に無線充電を購入して置くだけで充電できることによって、ケーブルを差す手間が減りましたし、何よりもケーブルが断線する心配もなくなりました。

この記事では、まだ無線充電対応の端末を持っていない方向けにどのような便利さがあるか、既に無線充電対応対機種を持ってはいるが無線充電を使い切れていない方や、どのような無線充電器を購入すればよいのか検討中の方などに向けて参考になる記事かと思います。

今回の記事のポイントは以下となります。

こんな方におすすめ

  • まだ無線充電対応の端末を持っていない方
  • 無線充電を使い切れていない方
  • どのような無線充電器を購入すればよいのか検討中の方

無線充電の特徴

無線充電器の機能の特徴としては、大きく以下の4点が上げられます。

具体的に良い面とあまり良くない面、2点ずつ上げていきます。

置くだけで充電

まず1点目は、何と言っても置くだけで充電できるというところです。

今まで無線充電非対応の端末を使っていた時は、毎回充電端子をスマホ本体に差して充電していました。

ですが、無線充電であれば充電器に置くだけなので、そういった面倒なこともありません。

コードレス

2点目は、今までスマホ本体と充電ケーブルを繋いで充電していたものが、充電器とケーブルを繋いでしまえば、スマホ本体は充電時もコードレスとなります。

また、スマホ自体がQi充電に対応していれば、Lightningケーブル・type-Cケーブル関係なくスマホ本体の充電ジャックに依存せずに充電できます。

なので、スマホの機種(iPhone・Android)関係なく充電ができます。

今まで何本もケーブルを使い分けて充電していたものが統一化されるので、コードが煩雑にならず整理・管理もしやすくなるでしょう。

急速充電非対応が多い

3点目は良くない点として、ケーブルよりは急速充電に対応していない機器が多かったり、対応していたとしてもケーブルよりは出力が弱い(対応ワット数が低い)です。

ケーブルタップが急速充電20W以上のものが多いのに対して、ワイヤレス充電だと10~15W帯の出力がメインとなります。

位置がずれると充電が失敗する

4点目も良くない特徴としては、充電位置がずれるとチャージに失敗する点です。

ケーブル充電であれば、端末を充電ジャックに差しておけば失敗することはありませんが、ワイヤレス充電器の場合、正しい位置に端末が置かれていないと充電されずに、チャージに失敗する恐れがあります。

ケーブルの場合は抜けるケースとしても自然と抜けることは考えにくいですし、ケーブル充電でチャージされていない事はほぼないと言ってよいでしょう。

一方で、しっかりと充電ポートに設置しないといけないので、特に平型のワイヤレス充電を使う際は注意が必要です。

無線充電器の種類

平型の無線充電

ワイヤレス充電器としては一番オーソドックスなタイプで、安価なワイヤレス充電がこの平型タイプになります。

価格で言えば中国製メーカーの安いものであれば1,000円~、有名メーカーの機種でも2,000円程で購入できます。

この平型の良い点は上記で述べた安価にワイヤレス充電器を使えるところで、逆に良くない点としては、端末を寝かせて置くことになります。

それによって、画面を確認する場合は充電器から外して手にとって確認することになるので、充電しながら画面の操作・確認をすることは少し面倒になります。

また、特徴の良くない点でも述べましたが、ワイヤレス充電器として位置ずれで充電失敗するケースが、この平型のタイプで多く発生します。

縦型の無線充電

縦型の充電器は、端末を充電器に立てかけて充電するタイプになります。

これによって、平型のワイヤレス充電器の欠点でもある位置がずれが発生して充電が失敗することもありませんし、画面が起き上がった(立てかけられた)状態になるので、画面の確認をしながら充電ができます。

価格帯としては、2~3,000円代と平型より少しグレードが上がった値段帯にはなりますが、平型の欠点を十分補える機能は備えているので、個人的には縦型のワイヤレス充電器の購入をオススメします。

 

マルチ無線充電

マルチタイプのワイヤレス充電器は、スマートウォッチとワイヤレスイヤホンなどのウェアラブル端末と、Qi充電対応のスマホが同時に充電ができるタイプになります。

メリットとしては、端末の充電ポートが一つの充電器に集約されているので、端末ごとに充電器を購入する必要がなくなります。

また、充電器につなぐケーブルがワイヤレス充電器に一本化されるので、コード類が整理しやすくなります。

マルチタイプのワイヤレス充電器(スタンド付き)

今回購入したマルチ無線充電器

今回購入したマルチワイヤレス充電器は以下の、縦型タイプになります。

この充電器の良いところとしては、パッド型やスタンド付きのタイプよりも横に幅を取らないのが良いところで、コンパクトにかつ複数のウェアラブル端末を充電できることができます。

使い方としては、スマホは立てかけて充電しながら、土台部分にワイヤレスイヤホン(Airpods Pro)を充電しています。

 

オススメの充電器

Anker PowerWave

オススメの充電器としては、Anker PowerWave 10 Standで縦型のワイヤレス充電器で、最大出力10Wに対応しているワイヤレス充電器になります。

無名の中国製メーカーを買うのに抵抗がある場合、充電器やスマホの周辺機器メーカーとしてもAnkerは有名どころですので、品質はある程度担保されると思います。

まとめ

まとめとしては、iPhone12に変えてQi充電(ワイヤレス充電)に対応したことによって、今までケーブル充電のみだったのが、ワイヤレス充電という選択肢が増えて、更に多くの充電機器の使用が可能になったのが大きなメリットだと思います。

ワイヤレス充電に変えた大きな点としては、置くだけで充電されるということで、充電端子にケーブルを差す少し面倒な作業が一つ減りましたし、ケーブルの断線も気にならなくなりました。

また、ケーブル充電とワイヤレス充電の使い分けとしては、デスク周りに置く際は、縦型のワイヤレス充電器で立てかけて通知が確認できるようにしながらワイヤレスで充電していて、ベットに寝ころびながら使いたいときはケーブルに繋いで充電しながら使うようにしています。

Apple製品で言うと、今回iPhone12のリリースと同時に、「magsafe」というマグネットが仕込まれた平型のワイヤレス充電器が発売されました。

マグネットが仕込まれたことにより磁力で正しい充電位置に固定されるので、平型の欠点であった、充電ポートの位置ずれによる充電失敗がなくなったことが大きな要因(メリット)となり、また新しい形のワイヤレス充電機器が増えたところです。(iPhone12の充電ジャック自体はLightning端子)

-ガジェット・家電

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5