お金

キャッシュレス決済の種類

今回はキャッシュレス決済の種類について、書いていこうかと思います。

前回はスマホの電子マネーにフォーカスして便利な点を書きましたが、
この記事では、スマホ決済以外のキャッシュレス決済について述べていきます。

前回の記事はこちら↓

 

クレジットカード決済

メリット

手元に現金がなくても決済ができる

クレジットカード一枚あれば、対応の店舗であれば買い物に困らないという点が一番の大きな点だと思います。

また、コンビニやスーパーはクレジットカード非対応な店舗がないくらい広まっている決済方法なので、現金を持たずにカード一枚あれば商品を買うことができます。

チャージの必要がない

他電子マネー決済と比べると、事前に入金などの準備をしなくてよいという点も便利な点だと思います。決済上限内であれば、手軽にいくらでも買い物をすることができます。

キャッシングができる

ATMさえあれば、口座に残高がなくてもお金を借りることができる点が、他のキャッシュレスと大きく違うところではないでしょうか。

逆に言えば、簡単にある程度の現金が手に入ると同時に、簡単に負債(借入)ができてしまうということなので、利用する際は計画的にかつ慎重にならなければいけないです。

ポイント・優待が受けられる

クレジットカードには特有のポイント制度や優待還元があります。年会費を払えば、企業や関連施設などが利用出来たり、例えば、空港のラウンジが使えるなどの特典が多いようです。

デメリット

紛失した時のリスクが大きい

上記でも述べたように、決済上限内であればいくらでも商品を買うことができる分、紛失して、もし不正に使用された場合は、かなりの痛手になるという点です。

また、スキミングされた場合にも同じように大きな金額の被害となるので、その点でもリスクが付いてきます。

使いすぎると破産もありえる

毎月上限まで使い続けると、当然、クレジットカードは後払いなので、支払が追いつかず負債が増えて利用停止になり、最悪破産もありえるという点です。

複数のカードを持っている場合は、特に利用計画を立てておかなければなりません。また、キャッシングといっても当然借入なので、利子が付いて元本+αで支払金額が増えてしまうということも考慮に入れておかなければならないです。

分割/リボ払いは手数料がかかる

便利な点として分割・リボ払いができる点があるのですが、その分手数料を取られてしまいます。
1回や分割2回払いであれば手数料はかかりませんが、支払い回数が多くなるとその分、元々の金額よりも多い支払額になってしまします。

 

デビットカード決済

メリット

口座の残高から直接引き落とされる

デビットカードは、カードが利用されたと同時に口座から現金が引き落とされるので、使いすぎて負債を抱えるということはないですし、ネットバンキングの残高詳細と合わせて使えば、いくら使用したか即時に反映されるので、お金の管理し易いという点が大きな利点ではないでしょうか。

申込時に審査が不要

クレジットカードの場合、カード会社が先に代理でお金を支払って、後日、自分の口座から引き落とされる為、支払能力があるかカード会社の審査があります。

しかしデビットカードの場合、立て替えてお金を支払ってもらうということはなく、リアルタイムでの口座引き落としとなるため、審査は必要ありません。

デメリット

決済を扱っている店舗がわからない(あまり馴染みがない)

自分のまわりでもデビットカードで決済しているという人をあまり耳にしない(というかほぼ見ない)ので、決済方法として浸透していないのかと思います。

また、実際にはコンビニやスーパーなどでは使えるのですが、日本独自ブランドのJ-Debitは一部でしか使えないという点も、あまり手が出にくい要因になっているのではないでしょうか。

口座に残高がないと使えない

登録している口座からリアルタイムでの引き落としとなるため、登録した銀行口座に残高がないと使用できないです。

電子マネーだとオートチャージ設定にすれば、一定の金額以下になると自動にチャージされたり、クレジットカードであれば上限内で使用はできるので、それらと比較すると、不便と感じてしまうのではないでしょうか。

まとめ

以上、今回はスマホ決済以外のキャッシュレス決済について、クレジットカードとデビットカードを上げてメリット・デメリットを書いていきました。今後も、新しい電子マネーや決済方法が出てきたら記事にしていこうかと思います。

-お金

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5