筋トレ

筋トレを継続させる方法【筋トレ・継続方法】

今回は、筋トレの継続方法について、最近トレーニングをはじめたが継続させる自身がない方や、以前にスポーツクラブには通っていたが退会して挫折してしまった方などに向けて書いていこうと思います。

自分自身、週3~4回程度、仕事をしながらジムに通っていて、1年以上継続させることができています。

その実体験に基づいて分かったことは、筋トレを習慣化・継続させるには、あるポイントを押さえれば、筋トレは習慣化・継続させることができると思います。

また、これから筋トレを始めようと思っている方で、仕事をしながらでもトレーニングをストレスなく習慣化させようと考えている方がいると思います。

そこで、精神論的に努力して継続させるのではなく、効率的にストレスなく継続させる方法を知りたい方は、この記事を見ることで、その継続させる方法がわかると思います。

まとめると、以下のようなポイントが当てはまる方にとっては、この記事が役に立つのではないかと思います。

こんな方におすすめ

  • 仕事をしながら筋トレを継続させたい方
  • ストレスなく筋トレを習慣化させたい方
  • 以前にジムに通って筋トレを行っていたが、挫折してしまった方

トレーニングスケジュールを立てる

1点目は、トレーニングスケジュールを立てるという点です。

いざ、ジムに着いてからトレーニングをやろうとすると、特に初心者は何から手を付けてよいのか分からないと思うので、事前にトレーニングメニューを計画してから行うことをオススメします。

そうすることによって、ジムにいってから迷うことなく計画したメニューをこなせば良いので、無駄に時間を費やすということもないと思います。

また、自分が使いたい器具やマシンが使われる場合があるので、ある程度メニューのバリエーションを様々なパターンで作っておいた方が良いです。

理由としては、自分が使いたい器具やマシンが使われていた時に、使い終わり待つのではなく別メニューでトレーニングを実施することができるので、トレーニングメニューもある程度パターンを作っておくことも重要です。

初心者にオススメのダンベル種目:上半身種目【筋トレ・荷重】

今回は、初心者向けてダンベルを使用した上半身のオススメ種目について書いていきます。トレーニングの種類についても過去の記事で紹介しているので、ご参考にして頂くと幸いです。 ※荷重トレーニングをメインに、 ...

続きを見る

初心者にオススメのダンベル種目:下半身・背中種目【筋トレ・荷重】

今回は、初心者向けてダンベルを使用した、背中と下半身のオススメ種目について書いていきます。 下記に上半身を狙うオススメのダンベル種目についても紹介していますので、ご参考にしてみてください。 &nbsp ...

続きを見る

自宅近くのジムを契約する

2点目は、自宅近くのジムを契約するということです。

設備が良くても、自宅から遠いジムへ通うとなるとジムに行くまでがストレスになり、行くのが面倒になってまうので、自宅近くのジムで契約することをオススメします。

オススメの使い方としては、他店舗が利用できる24時間ジムを契約して普段は自宅近くのジムを利用し、休日や時間が取れる時には、比較的設備の良い自宅から離れた他店舗を利用して使い分けると良いでしょう。

設備が整ったジムでトレーニングを行うことによって、筋トレへのモチベーションが上がるので、いつも使っている店舗とは違う場所を利用するものオススメです。

毎回無理に追い込まない

3点目は無理に追い込まないということです。

トレーニング初心者が無理に追い込んでしまうと、疲れが取れず筋肉痛が長く続いたりケガのリスクにもなるので、ある程度の負荷を与えることも大事ですが、まずはフォーム重視で低・中重量の高回数で行うことをオススメします。

ある程度フォームが固まり、今扱える重量を10回程の回数で行えれば、ケガのリスクも少ないと思うので、高重量・低回数で行うのもアリだと思いますが、やはり基本はフォーム重視で中重量の高回数(10回程度)が望ましいです。

実現可能な目標設定をする

4点目は実現可能な目標設定を掲げるということです。

最初から無理な目標設定を設定してしまうと、目標に対しての現実味がないので、トレーニングに対するモチベーションも中々維持するのが難しいと思います。

ですので、直近で達成できる目標を一つずつ掲げて、その目的を一つずつこなしていくことが重要です。そうするとで、目標達成のハードルが低くなり達成することによるモチベーションをより得やすくなります。

例えば、以下のような目標設定を行うと良いでしょう。

良い例

現状:ベンチプレス40kg

計画:週3回、低・中重量の高回数でベンチプレスを行う

目標:2週間以内に50kgを目指す

悪い例

現状:ベンチプレス40kg

計画:毎日限界までベンチプレスを行う

目標:1月以内に100kgを目指す

上記の例は極端ですが、現状で40kgベンチプレスが上がる人が2週間以内で50kgを目指すパターンと、1月以内で100kg目指すパターンです。

前者のパターンは計画をしっかり立てれば現実的な数字ではありますが、後者は毎日限界まで行っても達成できる人はごく一部でしょう。

この良い例のような実現可能な目標を立てて、達成したら次の直近の目標を一つずつ設定して、こなしてくことがトレーニングを継続する上で重要な指標となります。

モチベーションが上がる環境を作る

5点目はモチベーションが上がる環境でトレーニングを行うということです。

2点目の、自宅近くのジムを契約する内容でも書きましたが、他店舗利用可能な24時間ジムを自宅近くの店舗で契約して、時間が取れる時に他の店舗を利用することによって、いつも利用しているジムとの違いを発見できます。

更に、より設備の良い店舗を探して利用することによって、普段とは違う新しい環境なのでモチベーションを上げることができます。

また、パーソナルジムであれば、自分だけのメニューを作成してもらい専門のトレーナーがマンツーマンで教えてくれるので、どのようにして理想の身体を作り上げていくのか目標達成への過程が明確で、トレーニングに対するモチベーションも常に上ることができるので、環境的にはパーソナルジムは最高です。

パーソナルジムがトレーニング初心者にオススメな理由【筋トレ・パーソナルジム】

今回は、なぜトレーニング初心者はパーソナルジムがオススメなのかについて、パーソナルジムの特徴とかかる費用を比較しながら紹介していこうと思います。 これからトレーニングを始めようと思っているが、何から手 ...

続きを見る

まとめ

トレーニングを継続させるにはモチベーションが必要です。

そのモチベーションを保つ上で重要なのが、結果が見える事と第三者の支えがあることです。

自分でジムを契約してトレーニングジムに通う場合は、トレーニングメニューをしっかりと考えて計画を立てながら継続していかなければならないです。

ですので、トレーニングの効率的を重視するのであれば、初心者はこの2つを手っ取り早く得ることが可能な、パーソナルジムに通うことオススメします。

-筋トレ

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5