お金

キャッシュレス決済が便利な理由

今回はキャッシュレス決済が便利な理由について、書いていこうかと思います。
ここで述べるキャッシュレスは、スマホのキャッシュレス決済について記載していこうと思います。

自分は最近まで現金メインで生活をしていました。

何故現金からキャッシュレス決済に支払い方法を変えたかというと、
例の流行性風邪の影響もあり、現金で買い物をするとトレイ越しに小銭やお札を渡されて不便と感じて、キャッシュレス決済に変えました。

変えた感想として、現金払いより圧倒的に便利で簡単・手軽なものだと思いました。
以下にキャッシュレス決算のメリットを上げます。

 

小銭・お札に触らなくてよい

冒頭に書いた流行性風邪で、雑菌やウイルスの病原菌が気になり、できるだけ他人が触れる様な物(例えば、電車に乗る時は手摺や吊革)に接触しない(掴まない)よう、以前よりも心掛けるようになったと思います。

それは自分も気になったことで、特に、誰が触ったかもわからない小銭・お札が気になるようになりました。そこでキャッシュレス決済にすることにより、入金時も支払い時も現金に触ることはありません。

まあ、潔癖すぎるとも思いますが、感染予防として考えるといいと思います。

 

銀行のATMに並ばなくてよい

自分が一番便利だと感じた理由としては、銀行のATMに態々並ばなくてよいという点だと思います。給料日になると、自分の最寄り駅のATMに行列ができるのをよく見かけます。

そこでキャッシュレス決済にすると、事前にアプリで登録したクレジットカードで入金しておくことにより、現金を引き出す必要がありませんし、引き出すためだけに並んで時間を無駄にするということが無くなります。

また、提携外のATMで現金を引き出だそうとすると、手数料がとられますがそういったこともありません。正直、現金を引き出すためだけに並ぶという行為がアホらしく思えるようになります(笑)

 

ポイント還元がある

キャッシュレスで支払いを行うと、ポイントが還元され、そのポイントがそのまま支払時の電子マネーとして使えます。

今までも現金払い時にポイントカードを出せば、ポイントは付いたとは思いますが、付いても現金として使えなかったり、「100ポイント毎に10円として還元」や、「1000ポイント毎に100円として還元」など、恩恵があまりに少ないと感じていました。

ですが、キャッシュレスであればポイントがそのまま支払時の電子マネーとしてそのまま還元され、1ポイント1円としてつかえるものが大半です。ちなみポイントカードとキャッシュレス決済を併用できるお店もあります。

 

財布を出す必要がなくなる

この点も大きいと思います。電子マネー・キャッシュレス決済にすると、支払媒体がスマホ(クレジット・デビットカード除く)になるので財布を取り出す必要がありませんし、最悪、家に財布を忘れても買い物はできるので、財布がなくても助かったことが何回かあります。

後は、財布を完全に持たないようにして、運転免許証や保険証などの携帯しなければならないカード類は、別途カードケースにしまえば更に持ち物が簡素になります。

因みに、自分はまだ完全に財布を持たない、というところまでは持ち物が簡素になっていないです。(笑)

 

デメリット

確かに、キャッシュレス決済に変えてかなりメリットは大きかったのですが、
しかし、多少なりともデメリットはあったので、以下に述べいきます。

スマホのバッテリーが切れたら終わり(支払がスマホ媒体の場合)

支払がスマホ媒体のキャッシュレスの場合、支払時にスマホをかざしたり画面のバーコードを読み取って決済を行うので、バッテリー残量が0%の場合は使用できません。

モバイルパスモなどのおサイフケータイの場合は、iPhoneは電源が切れても予備の電力があるので、電源OFFでも最大5時間程度は使えるようです。

androidの場合は電源が切れてしまえばそこで使用不可となります。しかし、元々バッテリー容量が多いスマホであればあまり気にする必要がないと思います。

心配であれば、持ち物が増えますが、予備のモバイルバッテリーを携帯しておくと良いでしょう。またandroidは、電源が切れそうな場合、少し残量がある状態で電源OFFにすると使用できるそうです。

キャッシュレスに対応していない店舗がある

当然キャッシュレス決済に対応していない店舗では使用できないです。
具体的には対応しているが、自分が使用している電子マネーは非対応な店舗があります。

例を上げると、イオン系の店舗ではWAONを推していて7&i系ではnanacoを推していることにより、稀に自分が使用している電子マネーは非対応ということがあります。

 

お勧めの電子マネー

以上のデメリットからキャッシュレス決済OKの店舗でも、非対応の電子マネーが稀にあるということがるので、これさえ抑えておけば、キャッシュレス決済OKでも非対応で使えないということを避けられると思います。

Paypay

個人店舗を中心に扱っているお店が多いです。
還元率や過去に行った「1億円バラマキキャンペーン」や「新規登録で~円還元」などの恩恵が大きいところが良いです。

モバイルPASMO/モバイルSuica

もはや扱っていない店舗はないんじゃないかくらい、至る所で使える電子マネーです。
モバイル定期としてもつかえて、公共交通機関を使う場合の通勤時にも役立ちます。

-お金

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5