お金 ガジェット・家電

お財布付きスマホから非お財布スマホに変えた結果

今回は、自分が使っているスマホについて、おサイフケータイ機能付きスマホから非おサイフケータイスマホの端末に変更したので、そのデメリットやスマホでの代替の決済方法を書いていこうと思います。

機種変更を考えているが、変えたいスマホがおサイフケータイ機能が付いていないスマホで、おサイフケータイ機能がない場合どのようなデメリットがあるのかを知りたい方はこの記事で分かると思います。

自分が使用しているスマホのレビュー記事はこちらから↓

SIMフリースマホは非おサイフケータイが多い

まず、安くてコスパが良い海外メーカーのスマホはほとんどがNFCという非接触型のICカード通信方式で、FeliCa(おサイフケータイの規格)に対応していないことが多いです。

FeliCaもNFCも同じ非接触のICカードの技術方式ですが、NFC規格の中で日本(SONY)が開発した技術方式がFeliCaという位置付けになります。

日本でメインに使用されている規格はFeliCaの方なので、非接触型のICカード通信方式の電子決済をはじめ、モバイルSuica・モバイルPASMOなどの公共交通機関の乗車券システムに対応している規格はFeliCaとなり、NFC規格のままの海外スマホはこれらに非対応となります。

※OPPO製のスマホは高コスパながら、FeliCaに対応している日本市場向けのスマホです。OCNモバイルONEのサマーセールでFeliCa対応のReno AとReno3 Aがセール中↓

OCNモバイルONEのサマーセールはこちらから

 

非おサイフケータイスマホのデメリット

モバイルPASMO・モバイルSuicaが使えない

1つ目のデメリットはモバイルPASMO・モバイルSuicaが使えないというところです。

モバイルPASMO・モバイルSuicaであれば、スマホで残高のチャージや定期券の購入ができるので、物理のカードを持つ必要がありませんし、個別にパスケースを持ち歩く必要もありません。

ですが、おサイフケータイ非対応であれば、物理のカードを持つ必要があり、残高のチャージや定期券の購入は券売機や駅窓口での対応となるので、モバイルPASMO・モバイルSuicaと物理のカードで結構利便性が変わってきます。

現金に頼らざるを得ないケースがある

2つ目のデメリットとしては、現金払いに頼らざるを得ないパターンが出てくるということです。

下記に記述していますが、代替決済としてバーコード決済を使うケースが多くなってきます。しかし、非接触型のICカード方式’(FeliCa)での電子マネー決済には対応しているが、バーコード決済には非対応という店舗が意外と多い印象です。

そこでは、クレジットカードなどの他のキャッシュレス決済方法で支払うか、現金払いとなります。現金払いとなると一々小銭やお札を出したり、お釣りの金額も考えて端数調整したりとかなり煩わしいです。

ですので、キャッシュレス志向の方はクレジットカードでの決済になるかと思いますが、やはりおサイフケータイでの決済と比べると、カードの読み込みや暗証番号入力で支払いまでにワンテンポ遅れるので、そこに不便さを感じました。

代替の決済方法はバーコード決済か

デメリット2点目の現金払いに頼らざるを得ないケースでも述べましたが、代替決済方法としては、PayPayやLINEPAY・GooglePAYなどのバーコード決済が代替手段となってくると思います。

バーコード決済の良い点は、おサイフケータイ対応モデル・非対応モデルに関わらず、GooglePlayStoreなどのアプリストアから専用のアプリをインストールすれば、全てのスマホに導入できる点です。

また、バーコード決済はポイント還元が高く、PayPay場合は1回の会計でほぼ確実に1~10円分のポイント還元が発生します。また、購入金額によっては高ければ高いほど還元額が大きくなるので、1回の会計で数百円分のポイントが付与されたり、キャンペーンによっては買った金額の1,000%分のポイントが返ってくることもあります。

但し、デメリットでも述べた通り、おサイフケータイでの電子マネー決済には対応しているが、バーコード決済には非対応という店舗が結構多いというところと、支払い時にアプリを立ち上げなければならないので、かざすだけのおサイフケータイ決済よりも支払いまでにワンテンポ遅れ、少し面倒なところが大きなデメリットとなります。

まとめ

非おサイフケータイのスマホであっても、スペックと機能は高品質なものが海外スマホには多いですが、非おサイフケータイのデメリットを受け入れて代替のキャッシュレス決済方法で支払いを行えば、そこまで不便に感じることはないのかと思います。

但し、やはりモバイルPASMO・モバイルSuicaについては通勤時に重宝されますし、チャージや定期券の購入がスマホ内で完結するのは大きです。

なので、スペックと機能・価格+おサイフケータイの全部取りをしたい方は、中古のiPhone(Apple製品の新品は高価)か第2世代のiPhone SEという選択肢をとるか、Android端末であれば、OPPOのRenoA・Reno 3Aもしくは日本製のXperiaなどを選択するのがベターな選択肢なのかと思います。

Reno A/Reno3 Aのセール価格での購入はこちら

-お金, ガジェット・家電

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5