生活と仕事

WPS OfficeとMicrosoft Officeは互換性があるのか【WPS Office・互換性】

今回は、WPS OfficeとMicrosoft Officeは互換性があるのかについて、それぞれのOfficeソフトの機能と特徴について書いていきたいと思います。

Microsoft Officeを導入しようと思っているが、同じような機能を持っているOfficeソフトで格安で購入できるものがないか探している方に向けて参考になるかと思います。

この記事を見ると、WPS Officeはどういった人に向いているのか、Microsoft Officeよりも格安で同じような機能が使えるのかが分かります。

WPSOfficeとは

WPS OfficeはExcelと互換性がある表計算ソフト「WPS Spreadsheets」、Word互換性があるワープロソフト「WPS Writer」、PowerPointと互換性がある「WPS Presentation」があります。

製造元は中国の「キングソフト社」という会社で、アメリカのMicrosoftとは全く別の会社(法人)となります。

WPS Officeの体験版ダウンロードはこちらから!

価格

価格帯はMicrosoft Officeと比較すると、下記の通りになります。

■Microsoft Office

グレード 価格
Microsoft 365 Personal 12,984円(年間)
Office Home & Business 2019 38,284円
Office Personal 2019 32,784円

■WPS Office

グレード 価格
Standard Edition 5,690円
Gold Edition 7,390円
Platinum Edition 9,990円

Microsoft Officeについては、家庭向けの製品になります。

「Microsoft 365 Personal」は年会費の価格になります。(月々の価格は1,284円)

「Microsoft 365 Personal」で使用できるOfficeアプリは「Word、Excel、PowerPoint」の他に、「OneNote、Outlookメール、Access、Publisher」がサービスに含まれています。

「Office Home & Business」と「Office Personal」は永久ライセンス(購入後に料金が発生することはない)で、使用できるサービスは、「Office Home & Business」と「Office Personal」共に「Word、Excel、Outlookメール」が使えて、「Office Home & Business」については、PowerPointがサービスに含まれています。

 

Microsoft Officeとの互換性

一番気になるところが、実際にMicrosoft Officeとどれ程の互換性があるのかだと思います。

今回はOfficeソフトのメインサービスである、「Excel、Word、PowerPoint」の3つのサービスを比較していきたいと思います。

比較する内容としては、これまでと同じようにファイルを開くことができて、参照・編集できるかどうかを見ていきたいと思います。

ExcelとSpreadsheets

通常のExcelファイル(拡張子.xlsx)をWPS Spreadsheetsで開いた場合

通常のExcelファイル(拡張子.xlsx)をMicrosoft Office Excelで開いた場合

 

上記の図はMicrosoft Office Excelと体験版のWPS Spreadsheetsですが、比較しても書式崩れはなくエクセル関数も計算された形で正常に表示されています。

表に値を入れたりレイアウトや書式を変えて関数を使うことについては、Microsoft社製のExcelと変わらずに動作・表示されるので、普通に使う分には問題なく利用できるのかと思います。

※但し、エクセルマクロ(VBA)を使う場合はGold EditionかPlatinum Edition以上のグレードではないとサポートしていないので、通常版のStandard Editionだと動作しないというところと、全てのマクロの動作の動作には対応しているわけではないようです。

WordとWriter

通常のファイル(拡張子.doc)をWPS Writerで開いた場合

通常のファイル(拡張子.doc)をMicrosoft Office Wordで開いた場合

 

上記の図はMicrosoft Office Wordと体験版のWPS Writerで、両方のアプリ共にほぼ同じように書式崩れもなく表示され、文章も書きこめて表の挿入も可能です。

また、右上のメニューから一覧を表示させることで、Wordと同じようにPDFファイルとして保存することもできます。

PowerPointとPresentation

通常のファイル(拡張子.pptx)をWPS Presentationで開いた場合

通常のファイル(拡張子.pptx)をMicrosoft Office PowerPointで開いた場合

PowerPointについてもWordと同じように、デザインや表示の崩れがないので、Microsoft OfficeのPowerPointとWPS OfficeのPresentationはほぼ変わりないと言って良いでしょう。

WPS Officeの体験版ダウンロードはこちらから!

まとめ

Excelマクロ(VBA)を使わなければ、関数や表のレイアウトはExcelとSpreadsheetsで変わりないので通常使いができます。

WordやPowerPointについても、Microsoft OfficeとWPS Officeで文章を書いたり、プレゼン資料を作成する分には機能面はほぼ変わりありません。

エクセルマクロを組んだりしてプログラミング用途で使う場合は、Microsoft Officeの方が用途が合っているのかと思いますが、文章を書いたり表やプレゼン資料を作成するなどのライトな使い方をする分には、WPS Officeの導入はありなのかと思います。

WPS Officeの体験版ダウンロードはこちらから!

-生活と仕事

© 2022 生活改善・日常生活ブログ Powered by AFFINGER5